ボドルムでボートに乗った結末

頭領たちが舵室で作戦を練っている間、船底への入り口、つまり、床板は開けっ放しだった。

そこへ、13、4歳くらいのロン毛のカッコいい男の子が、バーで何か買うつもりだったのだろう、小走りでやって来た。つい、目で追っかけていたら、

ストン!!

一瞬、何が起こったのか分からなかった。昔、野球板(ゲーム)で「消える魔球」というのがあったが、そんな感じ。。。

そう、この少年は床が抜けているなんて、これっぽっちも思っていなかったのだ。3メートルくらい深さのある船底に落ちたのだった。辺りは暗くなっていたし、無理もなかった。

幸い、大きな怪我もなさそうだったので、みんなホッとした。
が、母は激怒した。
「床を外してあるなら、どーしてサインを出していなかったのよ?」
「今すぐに病院に行って、我が子を検査させてよ!」と。
大騒ぎになった。

一方、一艘のボートで一人の老いた男性がやって来た。船の修理のプロ(ウスタ)らしい。
「ワシに直せない船はない!」
と言葉には出さないが、顔に書いてあった。

ものの20分くらいだっただろうか?船上に電気が灯り、エンジンがかかった。

ヤッタ〜!!

壊れた船を引っ張っていた船も大喜び!二艘の船を繋ぐ縄は離されたけれど、仲良く帰路に向かった。

そこへ、スゴイ勢いで海上警備隊?のボートが到着。
(遅いよ、今頃。。。)
船はウスタが治したと分かり、
「そうか。んじゃ、誰か早く帰りたい人いるかな?数人なら乗せて送るよ!」
「じゃあ、怪我をしているかも知れない少年をお願いします。家族も一緒に。」
と船員さんが彼らを誘導した。

「これで全員かな?」

と言った瞬間、
「オレも!」
「私も!」
と、少年の家族でも何でもないトルコ人の若者が競ってあちらのボートに飛び乗った。

あああ、、、

踊るトルコ人の振る舞いに感動したあとだけに、大いにがっかりしたのだった。

歓声をあげながら去って行く彼らを黙って見送り、私たちの船と壊れた船を引っ張ってくれた船がマリーナに到着したのは、それから1時間後だった。


海上警備隊の最新式のボート
f0255496_20455442.jpg



ボドルム半島にあるSelf catering Villaのご紹介。今年はここでホリデーを過ごしてみませんか?
Gümüşlük VILLA

応援クリック、ありがとうございます(^o^)
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
[PR]

by gumusluk | 2013-05-14 20:44 | 見どころ | Comments(0)