ボドルムの料理教室

ボドルムで料理教室に行ってみました。

教室のあるレストランのエントランス
f0255496_16223810.jpg

まず午前中早めにファーマーズマーケットに先生と一緒に行き、季節の野菜を吟味し、何を作るか相談しつつ買い物をします。
この日はボドルム市内に市がたつ日でした。夏のシーズン中は混んでいて近寄りたくないけれど、オフシーズンのため地元の人たちだけで買い物しやすかったです。

香辛料は言葉の壁もあって自分では近づけなかったのですが、すごく細かく違いがあるようです。
f0255496_16223973.jpg


普段何だこりゃ?って通り越していた野菜など、この時とばかりに質問するうるさい生徒の私。
例えば、これ。何これ?
Kenger (英語ではGundelia)って野菜。セロリに似ているのですが、筋がありません。でも、セロリと違って火を通さないと美味しくないそうです。
f0255496_16224199.jpg

買い物を終え、教室に帰って来ました。オープンエアのキッチンです。
f0255496_16224223.jpg

野菜の下準備から初めてかかるところ4時間近く!ランチの時間はとっくに過ぎて、午後3時。はい、やっとできましたよ!
作っている時の写真はありませんが、、、
スープ: タルハナ(ヨーグルトと香辛料を乾燥させたスープの素)をチキンの丸ごと(ガラじゃない)から取っただしと、ビーツの煮汁で溶いたもの
f0255496_16224411.jpg

4種作ったメゼのうち、Deniz Börülcesi(これは自分の作り方と違うのか知りたかったのでリクエストした)、ニンジンのヨーグルト和え(ジャジュクのニンジン版)
f0255496_16224777.jpg

残るメゼ2種は、インゲン豆のトマト煮と新鮮なビーツから作ったサラダ
f0255496_16224998.jpg

チキンとケンゲールの煮込み
f0255496_16225048.jpg

マントゥの具をユフカで巻いてオシャレっぽくしたもの
f0255496_16225198.jpg

定番ひよこ豆のトマト煮ピラフ添え
f0255496_16225412.jpg


これとバクラバを作りました。(次回ネタとしてとっておきます)

今回分かったことは(この先生だけかも知れませんが)
1) トルコの人は本当に目分量で料理を作っているってこと
2) スゴい量のバターと油を使うってこと
3) 自分の料理の法則(例えば、ニンニクをゆっくり炒めてから、他の材料を入れるとか)は全く当てはまらないってこと

オフシーズンで単独で行ったのでレッスン代はお高めでしたが、まる一日先生とレストランのスタッフ3人が私に付き合ってくれた形だったので、納得でした。

サイトはこちら
http://www.cookingclassesbodrum.com


ボドルム半島にあるSelf catering Villaのご紹介。ここでホリデーを過ごしてみませんか?
Gümüşlük VILLA

応援クリック、どうもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
[PR]

by gumusluk | 2013-11-10 06:46 | 料理