カーリア地方

4月中旬から5月は、トルコのエーゲ海沿岸の遺跡めぐりには最適の季節。
(10月から11月中旬もです)
でも、遺跡めぐりの相棒の息子はこの時期忙しく、夏休みまで相手にしてくれず。
(夏の遺跡めぐりは暑くてオススメしません!)

1940〜1970年代にトルコの沿岸を中心に、古代遺跡の地をくまなく散策したイギリス人のGeorge E. Beanさん。地域別に4冊のガイドブックを書き残しています。

そのうち、ボドルム半島を含む古代カーリア地方が中心に書かれている本がこれ。
f0255496_7562862.jpg


このシリーズ、なぜかガイドブックに分類されていますが、「地球の走り方」のような本とは全然違うので、ガイドブックというよりは読み物です。奥深い内容なので、少し読んではネットでいろいろ調べ、どんどん深みにはまって、いいこと知っちゃった!と自己満足にはピッタリ⁉︎

この本のタイトルにある"The Maeander"とは、アナトリア中部付近からAydınを通って、Miletusの近くでエーゲ海にそそぐ川の名前。
Maeander川は、ホメロスのイーリアスのトロイア戦争の中にも言及されていて、とても有名な川だったようです。

現代の地図上では、そんなに目立たない川です(実際に河口付近を車で渡ると、やけにだだっ広い川だと思いました) が、長年の地殻の堆積によって、随分変化していることが分かる地図を見つけました。
f0255496_1912087.png


こう見ると、MiletusもPrieneもHeracleiaも、みんな海岸線に位置していたことがよく分かります。そして、Bafa湖があんなにバカでかいのも頷けます。
f0255496_7563147.jpg


ボドルム半島にあるSelf catering Villaのご紹介。今年の夏はここでホリデーを過ごしてみませんか?
Gümüşlük VILLA

応援クリックして頂けたら、とっても励みになります!
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
[PR]

by gumusluk | 2014-04-14 07:56 | 見どころ