秘境の地 Herakleia Latmos

夏が来ないうちに秋の気配を感じるイギリスを脱出して、1年ぶりにトルコに来ています。
夏のフィールドワークはオススメしないと言いつつ、以前から行きたかったHerakleia Latmosへ。
むかーし昔、カーリア地方のひとつの都市として栄えたラトモス山麓の港街Herakleiaには、6キロにも渡るCity wallが築かれた。
今はバファ湖畔の秘境の地というに相応しいKapıkırı村が、この古代都市Herakleiaの中に埋まっているかのようにあります。
人々が生活しているためか、発掘調査があまりされておらず、詳しいことは分かっていないHerakleia。BC3世紀にはギリシャの影響を受けたカーリアの人々がここに住み、その後、ビサンチン時代にも都市機能を果たしていたらしいのですが、現地には全く説明書きや標識ボードはありません。

City wallとTowerがあちらこちらに残っていて、巨大な岩をくり抜いたお墓もたくさんあります。

f0255496_1621639.jpg

f0255496_1622645.jpg

f0255496_1622938.jpg

f0255496_1623454.jpg

f0255496_1623556.jpg

f0255496_1624364.jpg
ゴツゴツ岩の間の道なき道を歩いていると、村の女性陣に遭遇。誰かの家に集まって、手芸をする模様。

[PR]

by gumusluk | 2015-08-01 11:08 | 見どころ