2014年 08月 25日 ( 1 )

ギュムシュルック港の朝

Kalymnos島がかなり気に入って帰って来ましたが、やっぱり我がギュムシュルック村はホッとします!

カリアの都市の一つでMyndosと呼ばれたこの村の港は小さくて、停留している船は豪華でもなんでもなく、素朴なものばかり。村全体、賑やかな雰囲気はないので、ちょっと物足りないと思う人もいるでしょう。

湾内にあるラビット島には、膝くらいまでの深さの海を歩いて渡れます。
f0255496_21354861.jpg

島は現在発掘中なので立ち入り禁止だけれど、近づいて見ると去年より露出しているモノが増えた印象。2017年の公開を目指して、頑張っている様子が伺えます。(観光客が多くなったら、ちょっと残念だなぁ。。。)
f0255496_21355140.jpg

島の周辺にも遺跡がゴロゴロ転がっているのですが、その遺跡に向かって、青年がバシッ、バシッ❗️と何かを打ち付けています。
そう、朝獲れたタコの吸盤を落としているのです。午前中早めにここに来ると、よくこの光景が見られます。

今日は大漁だったのかな?ざっと2、30匹のタコさんたちが、遺跡の上に並べられていました。
f0255496_21355056.jpg

一匹おいくら?と尋ねてみたら、25TLだって。安過ぎ⁉︎
f0255496_21355037.jpg

たこ焼きセットを日本から持ってこようかな? (本気で考えています)


気が向いたら、クリックをお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ


ボドルム半島にあるSelf catering Villaのご紹介。ここでホリデーを過ごしてみませんか?
Gümüşlük VILLA
[PR]

by gumusluk | 2014-08-25 00:21 | 風景