イギリスに来たイズニック作品

2週間の夏休みのツケで、帰って来たらやるべきことが山積み。今回のボドルム滞在で記録に残したいと思っていた記憶が遠のいて、、、。

やっと時間が出来たので、街に出たついでにミュージアムへ。
OxfordにあるAshmolean museum。
イギリスのスゴいところは、入場料がタダなところ。入り口に「もしよかったら寄付してね!」って書いてあるけど。ついでに、「4ポンドくらいでいいよ!」って書いてあったけど、4ポンドをコインで持ち運ぶ人、いないんじゃない?重すぎ!

今日は的を絞って、Islamic Middle Eastのコーナーへ。

イズニックのデザインをマネしたイラン産のお皿に添えられた説明emoticon-0104-surprised.gif マネされるってことは、ステキってことよね!
f0255496_1214531.jpg


トルコからイギリスが盗んで譲ってもらった大きなタイル
f0255496_1214668.jpg

ヨーロッパの貴族がイズニックにオーダーメードしたお皿(大小のお皿やボウル、コーヒーカップなどのセットだったらしい)
f0255496_1215038.jpg

自分が気に入ったキャンドルスタンド
f0255496_1214810.jpg


展示されていない作品も山ほどあるそうで、時々作品が変わりますので、あしからず。

ボドルム半島にあるSelf catering Villaのご紹介。ここでいつかホリデーを過ごしてみませんか?
Gümüşlük VILLA

応援クリック、どうもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
[PR]

by gumusluk | 2013-09-27 00:40 | トルコ見聞

ダッチャ 番外編

ダッチャ名物 その1
ダッチャしかないっていうパン。リングの形をしていて、セサミがたっぷりのせられている。シナモンシュガー風味がプーンとして、食欲をそそります。
f0255496_1431769.jpg


ダッチャ名物 その2
ダッチャでしか採れないっていうアーモンド。見た目は普通のアーモンドだけれど、サイズはビッグ!普通の2倍以上あるでしょう。味が濃くって、バターのような風味。カロリーもそれなりにありそう!? おつまみにどんどん手が出てしまいました。。。
f0255496_1431856.jpg



ボドルム半島にあるSelf catering Villaのご紹介。ここでホリデーを過ごしてみませんか?
Gümüşlük VILLA

応援クリック、どうもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
[PR]

by gumusluk | 2013-09-06 01:42 | 見どころ

ダッチャ半島最終日 後半

マルマリスへ来た目的はミュージアムに行くことだったので、海岸へ向かった。すると、んっ!? なんだか歩いている人の顔がうすい。
カフェには堂々と「Full English Breakfast」とか、「British Fish&Chips」と掲げられている。
なるほど、イギリス人がいっぱいいるわけだ。

お巡りさんにミュージアムはお城の中だと聞いて行ってみたが、月曜日でお休み。(お巡りさん、最初から教えてよね!?)
海岸沿いにはかなり大きいショッピングアーケードがあったので適当にひやかして歩いてみた。

こんなメンツの駒でチェスやっていいの?
サダムフセイン、ビンラディン、ブッシュ(元大統領)、ライス国務長官などが駒となっているチェス台
f0255496_16224559.jpg

タオル屋さんの店先で爆睡中のネコ
f0255496_16224346.jpg


そして帰り道こそ地峡を逃してはならぬ‼ とiPhoneのGPSを頼りに走り始める単純な私と息子。そこへ思考回路が異なる主人は、「行きとは別の道で行こう」という。確かに地図上は地峡の地点も逃すことなく行ける別ルートがあるが、大丈夫か?

道はガタガタ、家もほとんどない。レンタカーを心からは信頼できていない私は、「ここで壊れないおくれ〜」と心の中で唱えながら、黙々と運転する。

30分もえらく寂しい秘境の地を走っただろうか?海が見え始めた。これはエーゲ海。いつものエーゲ海と違って、物悲しい感じの海だった。
f0255496_16224621.jpg

ちなみに撮影地点はここ
f0255496_16225149.jpg


さて、やっと地峡に近づいて来た。行きより車が少なく、ゆっくり運転ができたし、少し幅広い路肩を見つけて停車できた。

陸の左右に確かに海が見えるのだが、地中海(と思われる)はちょっぴり。トルコ語で地中海はAkdeniz。ak=白い、deniz=海 つまり地中海は白い海ということだ。

確かに右側の海は白い?
f0255496_16225062.jpg




ボドルム半島にあるSelf catering Villaのご紹介。ここでホリデーを過ごしてみませんか?
Gümüşlük VILLA

応援クリック、どうもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
[PR]

by gumusluk | 2013-09-05 16:20 | 見どころ

ダッチャ半島最終日 前半

ティーンエイジの息子には退屈(!?)なダッチャの町。彼の(イギリス人の)友達は、マルマリスでホリデーを過ごす家族も多いようで、行ってみたいらしい。

よし、マルマリスに行く途中にダッチャ半島の地峡(Isthmus)もあるし、行ってみよう!

ダッチャ中心からマルマリス方向に10分も走っただろうか?突如、「Apllon Kutsal Alanı」の小さな標識が見えた。(アポロンの聖地とでも訳するのだろうか?)
なんだなんだ?と停まってみた。
"ここはドーリア人たちがアポロンの加護のもと儀式を執り行ったとヘロドトスさんが言っている場所"とある。

f0255496_69884.jpg


「スゴい穴場なんじゃない?Datçaでもらった地図にも書かれていないし。いいもの見つけちゃった!」と息子と私はご機嫌。
一方、主人は「この辺は石がゴロゴロしてたら、どこも遺跡なんだよ」と呟く。

確かに石がゴロゴロしているだけにも見えます
f0255496_69113.jpg


地峡を目指して進んでいると、海岸線に出た。あれっ、どこかで見たことのある景色だなぁ。そうだ、松島(宮城県)にどことな〜く似ていませんか?

f0255496_691734.jpg


さらに山道をどんどん登る。道はとてもいい。DatçaからKnidosに行く道に比べると、すごくいい。
山道を登り切って下り始めると、「あっ、見えた!陸の左右に海が見える!」
でも、車を止めるようなスペースがない。曲がりくねった下り坂で車なんて止めたら危ないし。
「きっともう少し行けば、見晴らし台みたいな所があるんだよね!!」

というのは大間違いだった。
いつの間にか、山越えして、海なんて見えなくなった。



ボドルム半島にあるSelf catering Villaのご紹介。ここでホリデーを過ごしてみませんか?
Gümüşlük VILLA

応援クリック、どうもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ にほんブログ村 旅行ブログ トルコ旅行へ
[PR]

by gumusluk | 2013-09-02 05:52 | 見どころ